setup()

スポンサーリンク

setup()関数はArduinoプログラミングのスケッチにおいて一番最初にコールされる関数です。
変数やピンモードのセッティングなど、Arduinoに電源がが投入されたときはじめて1回だけ呼ばれる関数で、プログラム内には必ず1回存在しなくてはいけません。
シリアルポートのオープンなどもここで行います。

●記述
void setup()

●Example from Arduino Web  Site

[c]
int buttonPin = 3;

void setup()
{
Serial.begin(9600);
pinoMode(buttonPin, INPUT);
//もしこの関数内でシリアルでデータの授受を行いたいときは下記のコードを書く
while (!Serial) {}
; // シリアルポートの準備ができるのを待つ(Leonardoのみ必要)
}
}

void loop()
{
// …
}

[/c]

 

※もしLeonardoを使う時Setup関数内で起動したときにシリアルでデータを送信したり受信したりしたい場合があるときは、
※シリアルポートが準備できるまで待つ必要がある

[c]

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) { }
  Serial.prinln("TEST") ;
}
[/c]

Arduino setup()原文ページ

 

タイトルとURLをコピーしました