unsigned long micros()

スポンサーリンク

Arduinoがプログラムの実行開始から現在までの時間をマイクロ秒単位で返します。
約70分でオーバーフローしゼロに戻ります。
16MHzクロックのArduinoでは、分解能は4マイクロ秒となり、戻り値は常に4の倍数となります。
8MHzクロックのArduinoでは、8マイクロ秒の分解能となります。

※1,000マイクロ秒=1ミリ秒、1,000,000マイクロ秒=1秒

●Example from Arduino Web Site

[c]
unsigned long time;

void setup(){
Serial.begin(9600);
}
void loop(){
Serial.print("Time: ");
time = micros();
//prints time since program started
Serial.println(time);
// wait a second so as not to send massive amounts of data
delay(1000);
}
[/c]

Arduino 原文ページ

タイトルとURLをコピーしました