float

スポンサーリンク

Arduinoにおける文法は標準C言語と特に変わりはありません。
浮動小数点をデータ型です。
小数が扱え、使用可能な値の範囲は3.4028235E+38から-3.4028235E+38まで32ビット(4バイト)のサイズです。
浮動小数点数には誤差があります。
比較に用いると正しい結果がえられない場合があります。
計算は整数型にくらべてとても時間がかかります。
●Example from Arduino Web Site

[c]
int x;
int y;
float z;

x = 1;
y = x / 2; // y now contains 0, ints can’t hold fractions
z = (float)x / 2.0; // z now contains .5 (you have to use 2.0, not 2)

[/c]

Arduino 原文

タイトルとURLをコピーしました